WEBライティング技能検定の日本クラウドソーシング検定協会

協会理念

<最新ニュース>



経済産業省発行の資料にWEBライティング技能検定が掲載されました。
国や地方自治体との共同の取り組みも進んでいます。



IT関連など、多数企業様がWEBライティング技能検定講座を社員教育用教材として導入!



作家 原田まりるさんがWEBライティング技能検定を受験し合格されました!


日本クラウドソーシング検定協会® 理念

クラウドソーシングの利点は、専門特化した受注者に対してクラウドソーシング上で募集するため、時間・場所を選ばす発注する柔軟なスタイルで仕事の依頼ができる点です。
また、受注者側にとっても自分のペースで柔軟に働くことができます。

一方で、発注社側からは受注者の人格や仕事の質、納期遵守、ネットリテラシー等のスキルが不透明であり、クラウドソーシングでのトラブルや取引の不成立というケースが多々あります。

日本クラウドソーシング検定協会®は、クラウドソーシングで仕事を行うための検定資格制度を創設し、その普及を行います。
クラウドソーシングで仕事を行う上での基礎的なマナーや社会常識の醸成を基本とし、作業スキルを身につけるためのクラウドクリエイター資格を今後クラウドソーシングで行う作業全般において資格の創出をしていく予定です。

検定資格を取得したクラウドクリエイターの社会的地位向上や仕事単価の向上を目的にクラウドソーシング事業社と連携し、資格保有者限定の特典も提供していきます。

電話でのお問い合わせ TEL 03-5939-7183 平日10:00~18:00(土日祝除く)

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会® All Rights Reserved.