WEBライティング技能検定の日本クラウドソーシング検定協会

WEBライティング技能検定講座の資料請求やお申し込みはこちらからお願い致します。

WEBライティング技能検定 に合格するための勉強方法について…

<最新ニュース>



経済産業省発行の資料にWEBライティング技能検定が掲載されました。
国や地方自治体との共同の取り組みも進んでいます。



IT関連など、多数企業様がWEBライティング技能検定講座を社員教育用教材として導入!



作家 原田まりるさんがWEBライティング技能検定を受験し合格されました!



WEBライティング技能検定の資格取得を社員に必須化!株式会社シースタイルの川合大無社長にインタビュー


このページではWEBライティング技能検定の実技ライティング問題の効率的な勉強方法や、WEBライティング技能検定 本試験の対策について記載してあります。WEBライティング技能検定を現在学習されている方や本試験受験を考えている方は是非参考にしてください。

■WEBライティング技能検定 本試験 について

当協会が行うWEBライティング技能検定 本試験は月1回のWEB上で行われる検定試験です。
WEBライティング技能検定の教材をもとに、4択問題50問と実技ライティング問題が4問、計54問が出題される90分の試験となります。
点数配分と致しましては、4択問題50点、ライティング問題50点が4題(200点)、計250点満点となっており、実技ライティング問題の比重が非常に高くなっております。
また、当協会『総評』ページにも記載されていますが、WEBライティング技能検定 本試験での4択問題においては、高得点の方とそうでない方との差が明白になっており、合格された方はほぼ満点の方が多くを占めています。
そのためライティングの勉強をおこなうことが合格の秘訣となります。

※「WEBライティング技能検定」は「WEBライティング技能検定講座」をご購入された方が対象の技能検定です。詳しくはWEBライティング技能検定講座の教材に含まれております、スタートアップガイドをご覧ください。

※実施日や受験方法についての詳細は下記のページより詳細を確認できます。

技能検定試験実施日について

受験方法について

本試験の内容について

本試験の総評について

■WEBライティング技能検定の試験に向けたライティングの勉強方法について

WEBライティング技能本試験では、出題されたテーマやキーワード自体の知見、キーワードに対しての認識の深さなどを評価するテストでなく、接続詞や助詞などの文法が正しく使われ、違和感なく読める文章かどうかや、誤字脱字などがないか、などが採点基準として重要視されます。
そのため、テキストで学習することでコツやポイントを把握することはできますが、それをアウトプットするには実際に文章を書く練習を繰り返すことをお勧めします。ライティングの技術向上のためには上達するポイントを覚えたうえで、ライティングの経験と回数を増やす為、実際に何度も練習して試験に挑みましょう。

ここではWEBライティング技能検定の試験に向けたライティングの勉強方法についてご説明していきます。
日本クラウドソーシング検定協会のホームページ内には過去の試験問題と模範解答、総評(よくある間違え)などが公開されております。こちらをご覧いただきながら文章の作成を行うことで、WEBライティング技能検定本試験の合格ラインの基準を把握でき、それに向けた文章を作成できるようになります。

・文章作成の勉強法

下記のような形で実際に文章作成を行っていただくことで、WEBライティング技能検定 本試験のライティング合格基準となる文章を身につけることができます。

1.模範解答ページより過去試験で出題された実技ライティング問題をもとに文章を作成する

2.総評ページで表現の間違えや助詞の使用方法の間違えなどを確認しご自身の解答と見比べる
↓                     
3.不明点等はWEBライティング技能検定 実践編のテキストで確認する
↓                  
4.ご自身の解答と模範解答と見比べる

それぞれを詳しく説明していきましよう。

1.模範解答ページより過去試験で出題された実技ライティング問題をもとに文章を作成する

模範解答ページでは、過去出題された実技ライティング問題とその模範解答を確認することができます。
過去問題を確認することで、ライティングの出題傾向や問題の雰囲気を把握できます。その上で、問題を使い、実際にライティングに挑戦してみることをお勧めします。

WEBライティング技能検定 模範解答について

2.総評ページで表現の間違えや助詞の使用方法の間違えなどを確認しご自身の解答と見比べる

『総評』ページでは、過去出題された実技ライティング問題に対し、修正例やよくあるミスなどを確認することができます。また、『本試験ライティングの採点基準について』ページで、ライティング試験の採点基準を確認することができます。この『総評』と『本試験ライティングの採点基準について』を確認し、ご自身が書いた文章と見比べて採点してみることをお勧めします。

本試験の総評について

本試験ライティングの採点基準について

3.不明点等はWEBライティング技能検定 実践編のテキストで確認する

1と2で確認した文章で間違えた箇所はWEBライティング技能検定 実践編のテキストを確認し、
なぜ間違えたのかをチェックしたり内容を把握したりすることをお勧めします。
実際に書いた文章と見比べることで、より理解力を上げることができ、また文章の作成の力を上げることができる筈です。

4.ご自身の解答と模範解答と見比べる

最後に模範解答の文書とご自身で書いた文章とを見比べ、文章構成のイメージや文章内容などを見比べてみることをお勧めします。『1.模範解答ページより過去試験で出題された実技ライティング問題をもとに文章を作成する』にも記載いたしましたが、『模範解答』ページでは、過去出題された問題に対しての模範解答が掲載されています。模範解答を基準に文章を作成することで文章のイメージをつかみやすくなりますので、是非活用してください。

上記は練習方法の一つにすぎませんが、『過去問題を確認し、実際に文章を書く』『書いた文章を自己採点する』『テキストで間違え等を把握する』『模範解答と見比べる』というように練習を行うことで、WEBライティング技能検定本試験の対策になります。また過去問題を解く以外にも、ご自身でライティングのテーマを決め書いてみるのも良いでしょう。

実技ライティング問題の対策として、文章作成を何度も練習することで、試験に合格するだけでなく、ご自身の文章作成能力を向上させることもつながりますので、これらを是非参考にして勉強を進めてみてください。

電話でのお問い合わせ TEL 03-5939-7183 平日10:00~18:00(土日祝除く)

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会® All Rights Reserved.