WEBライティング技能検定の日本クラウドソーシング検定協会

メディア掲載情報

<最新ニュース>



経済産業省発行の資料にWEBライティング技能検定が掲載されました。
国や地方自治体との共同の取り組みも進んでいます。



IT関連など、多数企業様がWEBライティング技能検定講座を社員教育用教材として導入!



作家 原田まりるさんがWEBライティング技能検定を受験し合格されました!



▷経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室の資料に「WEBライティング技能検定」が掲載されました。
▷ニュースサイトGetNavi webに「WEBライティング技能検定」が掲載されました。
▷日刊サイゾーに「WEBライティング技能検定」が掲載されました。
▷PAGEVIEV「WEBライティング技能検定」が掲載されました。
▷ウートピに「WEBライティング技能検定」が掲載されました。
▷ケイコとマナブ.netに「WEBライティング技能検定」が掲載されました。
▷リクルート発行「稼げる資格2016」に日本クラウドソーシング検定協会の取材記事が載りました。
▷日経キャリアマガジン「資格・スキルランキング2016」に日本クラウドソーシング検定協会が掲載されました。
▷ASCII.jpに日本クラウドソーシング検定協会が紹介されました。

経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室の資料に「WEBライティング技能検定」が掲載されました。

▼掲載内容

「雇用関係によらない働き手」における人材育成・教育訓練のあり方について


~ 一部抜粋 ~

「日本のクラウドソーシング環境に関する調査」によれば、受注者側は発注者から「サービスの品質」が重要視されていると認識。また、「平成20年度サービスイノベーション創出支援事業」によると、企業間の業務プロセスアウトソーシングにおいても、今後の業界・政府の取り組むべきこととして“間接業務の標準やスキル標準の策定”が高い割合で挙げられている。

資格標準の民間企業の取組み例

日本クラウドソーシング検定協会がヒューマンアカデミーと提携し「WEBライティング技能検定講座」の販売を開始
※ ヒューマンアカデミーが運営する通信講座サイト「たのまな」より申し込み可能
・ WEBライティング技能検定試験
基礎編:主に社会人としてのマナーやクラウドソーシングという働き方への理解があるかどうかを問う
実践編:クラウドソーシングを介して行うライティング全般に対して、十分にライティング能力があるかを問う

詳細は経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室 資料 「雇用関係によらない働き手」における人材育成・教育訓練のあり方についての10ページをご覧ください。

ニュースサイトGetNavi webに「WEBライティング技能検定」が掲載されました。

▼掲載内容

WEBライティング検定は発注側こそ受けるべき! 試験を通じてキュレーションサイト閉鎖問題を考える


~ 一部抜粋 ~

検定で問われるWEBライティングスキルとは?

出版関係で仕事をする場合、校正や用語、著作権について勉強をする機会があります。最近は、WEBライター用の検定がいくつかあるようなので、そのなかの1つ、「WEBライティング技能検定」を受けてみました。この検定では、何冊ものテキストで学んだ後に検定試験(有料)を受けるという仕組みで、合格すると認定書(有料)がもらえます。

詳細は WEBライティング検定は発注側こそ受けるべき! 試験を通じてキュレーションサイト閉鎖問題を考える よりご覧ください。

ニュースサイト日刊サイゾーに「WEBライティング技能検定」が掲載されました。

▼掲載内容

「WEBライティング技能検定講座」で、働けない主婦の生活が変わる!


~ 一部抜粋 ~

このクラウドソーシングを通じたWEBライティングは、キャリアやコネクションがなくても技術さえ身につければ全くの未経験者でも仕事が行えるのがメリット。そんな未経験者らを支援する目的で、昨年、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会がスタートさせたのが「WEBライティング技能検定講座」という資格だ。この講座を通じて、文章作成技術や働くために必要なビジネスマナーが習得でき、資格取得者にはその後、仕事依頼の窓口ともなる複数のクラウドソーシング会社が特典を受けることができる。

 今回はその「WEBライティング技能検定講座」を発行する一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会事務局の赤澤潤氏と、主婦で、本資格の合格者第一号であるWEBライターの小祝可奈子さんを直撃。子育てのかたわら行う、WEBライティングの仕事の魅力について話を聞いて来た。

詳細は「WEBライティング技能検定講座」で、働けない主婦の生活が変わる! よりご覧ください。

ニュースサイトPAGEVIEVに「WEBライティング技能検定」が掲載されました。

▼掲載内容

「WEBライティング技能検定」で収入増!クラウドソーシングの可能性を広げる資格とは


~ 一部抜粋 ~

クラウドソーシングとは、企業がクラウドソーシング会社に依頼した文章作成などの仕事を、クラウドソーシングサイトを介して、登録している方々が手軽にその仕事を受注できるシステムのこと。(中略)
クラウドソーシングでは、さまざまな業種のさまざまな仕事を受注することができる。今回は、ヒューマンアカデミーが提供中の講座で学べる、クラウドソーシングのWEBライティングに特化した資格「WEBライティング技能検定」にスポットを当ててみたい。

詳細は「WEBライティング技能検定」で収入増!クラウドソーシングの可能性を広げる資格とは よりご覧ください。

情報サイトウートピに「WEBライティング技能検定」が掲載されました。

▼掲載内容

30代からの副業準備 3ヵ月で仕事につながる「WEBライティング技能検定」とは


~ 一部抜粋 ~

なかなか昇級が見込めないと、転職がふと頭によぎります。とはいえ、年収を上げるには、相当な努力をしないと厳しくなってくる30代。副業で雑収入をあげるのも一つの手ではないでしょうか。

年齢的にも、そろそろ単に時間をお金に変えるようなアルバイトは厳しいところ。会社に迷惑をかけず、初期投資も最小限に抑えて何ができるかを考えてみると、WEBライターは相性抜群。とはいえ、一切コネクションも実績もないところからお仕事につなげるには?

詳細は30代からの副業準備 3ヵ月で仕事につながる「WEBライティング技能検定」とはよりご覧ください。

ケイコとマナブ.netに「WEBライティング技能検定」が掲載されました。

▼掲載内容

未経験者OK♪ 合格保証制度・仕事保証制度付『WEBライティング技能検定講座』


keimana

①講座の特徴

 ネットを通じて仕事の受発注ができるクラウドソーシングは急成長中の市場です。中でもニーズの高いのがWEBライティング。『WEBライティング技能検定』に合格することで、『書く』ことが仕事に!

②カリキュラムの特徴

 日本クラウドソーシング検定協会の公式テキストを使って、ビジネスマナー、文章作成上のルールなどを習得できます。さらに本試験は自宅で受験OK!
初心者でも安心して挑戦できます。

詳細はこちら

リクルート発行「稼げる資格2016」に日本クラウドソーシング検定協会の取材記事が載りました。

▼掲載内容

WEB上でのライティング受注・納品に必要な知識や技術を指標化


ks1602_h1

~ 一部抜粋 ~

業務の発注・受注をWEB上で不特定多数に向け公募する、クラウドソーシング。中でも多いのがHPやブログの記事を執筆するWEBライティング業務だ。それらを受注・納品するために必要なビジネスマナー知識、文章作成技術といったスキルを明確化し、一定条件をクリアすると認定。

WEBライティングは今後ますますニーズの高まりが予想される。この資格は他の応募者との差別化につながり、受注する上で大きなアピールになる。

リクルート発行『稼げる資格 2016年版』から引用

詳細はこちら

日経キャリアマガジン「資格・スキルランキング2016」に日本クラウドソーシング検定協会の取材記事が載りました。

▼掲載内容

仕事が絶えずやってくるクラウドクリエーターの心得15 ヵ条
~顔が見えない出会いだからこそ、気を付けたいことをピックアップ~


クラウド×資格・スキル 画像 (2)v9

日本クラウドソーシング検定協会は、クラウドソーシングにおける受注者側(クラウドクリエーター)の社会的地位向上、雇用機会の充実などを目的に2015年7月に創立された。

(中略)

資格取得後は「CROWD」「ランサーズ」「サグーライティングプラチナ」「ちょびリッチ」などのクラウドソーシングサイトで、優先的に仕事を紹介してもらえるなどの特典があり、日本ではめずらしい「仕事獲得保証」の資格となっている。

日経HR発行 日経キャリアマガジン『資格・スキルランキング2016』から引用

ASCII.jpに日本クラウドソーシング検定協会が紹介されました。

DCC、ヒューマンアカデミー、ランサーズ、リアルワールドで合同取材クラウドソーシングに技能検定が登場!業界標準を目指す4社に聞く

▼掲載内容

クラウドクリエイターの養成から資格取得、そして仕事の提供まで一気通貫の絵を描く今回の座組みと
クラウドソーシングの今後について、参画の各社と日本クラウドソーシング検定協会が掲載されました。


~ 一部抜粋 ~
FireShot Capture 350 - ASCII.jp:クラウドソーシングに技能検定が登場!業界標準を_ - http___ascii.jp_elem_000_001_055_1055904_

2015年8月、ランサーズやリアルワールドが参画する一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会(CPAJ)は、クラウドソーシングの技能検定をスタートさせる。

時間や場所の障壁を越えた新しい働き方を提供するクラウドソーシングに技能検定が登場する。クラウドソーシングの現状や今回の技能検定の意義について、仕掛け人のディテイルクラウドクリエイティブの南雲宏明氏、ヒューマンアカデミー、ランサーズ、リアルワールドに聞いた。

詳細はこちら


広告・取材に関するお問い合わせはこちらから

電話でのお問い合わせ TEL 03-5939-7183 平日10:00~18:00(土日祝除く)

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会® All Rights Reserved.